インターネット診療予約

0532-63-0033

クリニック案内 - 院内の様子

  1. ホーム
  2. クリニック案内
  3. 院内の様子

院内の様子FACILITY

医院紹介

外観

外観:夕景

駐車場

駐輪場
向かって左側に自転車やカート用の駐輪場があります。

スロープ
なだらかなスロープがありますので、車椅子などの方も安心です。

入り口
クリニック正面右手が入り口です。両開きの自動ドアです。

受付~診察室

受付
入って右手正面が受付です。スタッフが笑顔でお迎えします。

待合室
開放感がありゆったりとお待ちいただけるように配慮しました。

待合室
診察室から出てきたときの風景です。中央にある木を模したオブジェは、建築時のこだわりです。

キッズコーナー
お子さんが楽しく待てるよう、ビデオやおもちゃ、絵本をたくさん用意しました。

中待合
診察室へすぐにご案内できるように待機していただくお部屋です

診察室
やさしく丁寧な診療を心がけています

処置・検査など

ネブライザーコーナー
鼻やのどの炎症を抑える薬を、細かい霧状にして吸入していただきます。

処置・点滴室
扁桃炎の症状が強い時や、めまいがひどい時に点滴をします。アレルギーの採血なども行います。

聴力検査室
正確な聴力の検査を行うための、無音室です。聴力や鼓膜の動きがわかる器械があります。

CT検査室
頭部のCT検査を行うためのお部屋です。CTとは、レントゲン画像をコンピュータ処理して、詳細で立体的な画像として見られる器械です。

相談室・隔離室
補聴器などの相談でご利用いただいたり、インフルエンザなど感染力が高い病気の方の待合室として利用したりするためのお部屋です。

検査・治療機器

  • 頭部用X線CT装置
    レントゲンよりもさらに詳細な画像診断が可能です。特に副鼻腔炎を診断するために使用します。
  • オージオメータ
    どのくらい小さな音が聞き取れるか調べる機械です。聴力検査で一般的に使われます。
  • インピーダンスオージオメータ
    鼓膜の動きや中耳の動きを調べる機械です。滲出性中耳炎や顔面神経麻痺の診断に使います。
  • 超音波式ネブライザ
    喉の炎症をおさえたり、鼻の通りをよくしたりする薬を霧状にして、口や鼻から直接患部に届けます。
  • 鼻咽喉ファイバースコープ
    鼻やのどを観察するための内視鏡です。楽に検査ができるよう、細くて高解像度のものを採用しました。
  • 全自動ファイバースコープ洗浄器
    使用した内視鏡は、患者さんごとに丁寧に滅菌洗浄いたします。
  • めまい診断用眼鏡
    真っ暗な状態での目の動きを確認することで、めまいの原因が三半規管や耳石器かどうかを調べます。
  • 手術用LED顕微鏡
    耳鼻の様子をはっきりと見るための専用顕微鏡です。

みみはなのどブログear, norse, throat blog

Read More