インターネット診療予約

0532-63-0033

診療内容 - アレルギー性鼻炎・花粉症

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎・花粉症ALLERGY

当院では、アレルギーの検査・治療を行っています。
症状や生活スタイルにあわせて、最適なお薬を処方しますので、お気軽にご相談ください。

当院で処方可能なお薬

内服薬

内服薬

点鼻薬(鼻スプレー)

点鼻薬(鼻スプレー)

点眼薬(目薬)

点眼薬(目薬)

「妊娠/授乳中なので影響のないお薬にしたい」「ドライバーなので運転中に眠くならないお薬にしたい」「強い薬には抵抗があるので、マイルドな効き目のお薬にしたい」など、ご希望にあわせた処方が可能ですので、お気軽にお申し出ください。

2021年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測

飛散開始時期

スギ花粉飛散のピークは、例年並みとなるところが多く、名古屋は3月上旬から中旬に飛散のピークとなるでしょう。

スギ花粉は飛散開始となる前から、わずかな量が飛びますので、早めの対策を心がけてください。

スギ花粉のピークが終わると、ヒノキ花粉が飛び始めます。
ヒノキ花粉のピークも例年並みで、名古屋では4月上旬から中旬に飛散のピークとなるでしょう。

飛散量

飛散量は、全国的に例年より少ない見込みです。前シーズン比(2020年春との比較)で見ると、多く~非常に多くなる予想です。
前シーズンが例年より少なかったためであり、前シーズンに花粉症の症状が軽かった人も2021年春は注意が必要です。

» 2021年 春の花粉飛散予測(第3報)

アレルギー検査(血液検査)

湿疹やかゆみ、鼻水など、アレルギーかもしれないという症状があるときは、自己判断せず、一度、アレルギーの検査を受けてみましょう。
当院では、食物アレルギーなども含め、血液検査でのアレルギー検査を行っております。

舌下免疫療法(スギ花粉・ダニ)

アレルギーを根本から治す唯一の治療法です。
現在、スギ花粉とダニに対するお薬があります。
国内では平成26年10月から保険適応になりましたが、実は免疫療法は100年以上前から行われていた歴史ある治療です。

お薬で症状を押さえ込むものではないので、今までお薬で改善しなかった人や、お薬を長期間使うことに抵抗がある人にも、よい方法だと思います。

開始時期

スギ花粉症

花粉が飛散していない、毎年6月1日~11月下旬頃に開始します。
※スギ花粉が飛ぶ可能性がある時期は、治療をはじめることができません。

ダニアレルギー

一年中、いつからでもはじめられます。

治療法

1日1回、舌の裏にエキス/錠剤をおいて、1-2分して飲み込みます。

治療期間

通院は、約1ヶ月に1回、おおむねまず3年間行うのが基本です。
根気のいる治療ですが、多くの方が1年、2年、3年と続けるにしたがってだんだん症状が軽くなってくると言われています。

治療の流れ

STEP1事前検査・治療説明

治療を受けるためには、血液検査の結果が必要です。
検査を受けたことがない方は、当院にて血液検査を行います。
当院以外で検査を受けたことがある方は、その結果用紙を持参してください。

治療の説明を受けて、同意書を記入していただき、初回投与の日を予約します。

STEP2初回投与日

最初のお薬は、クリニックで医師の指導のもとに、ご自身で行っていただきます。
投与したあとは30分間、経過をみるために待合室で、お待ちいただきます。
時間に余裕のある日をご指定ください。

STEP3定期処方

経過観察とお薬の処方のため、1ヶ月に1回、通院していただきます。

参考サイト

鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイト
http://www.torii-alg.jp/

みみはなのどブログear, norse, throat blog

Read More