インターネット診療予約

0532-63-0033

診療内容 - 子どもの耳鼻科

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 子どもの耳鼻科

子どもの耳鼻科PEDIATRICS

子どもの急な体調不良(熱、せき、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなど)を幅広く診察します

特にくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの風邪の初期症状・アレルギー症状はお任せ下さい。

風邪のウイルスや細菌が耳に入ってしまうと、急性中耳炎になります。
鼻づまりから急性副鼻腔炎になり、慢性化すると慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になります。
また、のどの痛み・高熱をくりかえしている場合には扁桃炎である可能性があります。

このように耳・鼻・のどの症状は関連しあっています。耳鼻咽喉科はこのような病状の専門家です。

また、子どもは自分の体調不良を言葉で表すことがうまくありません。
そのため、おうちの方から見て、いつもと様子が違うなと感じたらお早めにご相談ください。

ささいなことだから、この程度で受診するなんてと遠慮する必要はありません。
「様子を見ればよいのか」「悪い病気ではないか」がわかれば、おうちの方も安心できると思います。

こんな症状・処置もおまかせください

  • 鼻水を吸ってほしい
  • 耳あか取り
  • いびきをかくので調べてほしい

「この程度のことで来ていいのかしら」と言われることがありますが、どれも保険診療と認められている医療行為です。
おうちでうまくできずに困ったり、どうしようと心配されたりするようでしたら、ぜひご来院ください。

当院が大切にしていること

ゆっくり、お話しながら治療

慣れない場所で、知らない人が、痛そうな処置をしてきたら、怖いと思うのは当然です。
ですので、できるだけゆっくり、お話しながら治療をするように心がけています。
治療に対して恐怖感を持ってしまうのは、その後の人生に良くないと思うからです。小さい子も処置に慣れてくると頑張れるようになります。

ご家庭に合わせた薬の処方

私も育児をしているので感じることですが、保育園などに通っていると、お昼のおくすりを飲むのは難しいですよね。ですので、なるべく1日2回の服用にしたり、服用のタイミングを調整したりして、おくすりを処方するようにしています。

お子さんが飲みやすい薬の形状

錠剤は苦手、粉薬は大丈夫、甘いおくすりは飲んでくれるなど、おくすりの好みがあると思います。お子さんが飲みやすいように調整できますので、ぜひお申し出ください。

子どもの風邪は、小児科?耳鼻科?

お子さんが風邪で熱を出したとき、「どちらを受診したらよいか迷う」と、本当に多くのおうちの方に相談されます。

耳の痛みや鼻水・のどの痛みが中心で、熱があってもなくても、体調は比較的よく食事も摂れる場合には耳鼻咽喉科
激しい咳や痰があり、腹痛や嘔吐・下痢の症状がある、元気がなく、食事も摂れないなどの全身管理が必要となる場合は、小児科

と考えていただくとよいかな、と思います。

せきは鼻水が原因になるものと、肺(気管支)が原因になるものがあり、難しいかもしれません。
判断に困る場合は、遠慮なく受診してください。
たいていは当院で対応可能ですが、どうしても当院では診断や処置が難しい場合は、近隣の小児科さんや病院をご紹介いたします。

大人の風邪

大人の方の風邪も、考え方は同じです。

耳鼻咽喉科は耳と鼻、のどを診るのが得意です。
ひどい鼻水・激しいのどの痛み・声が出ないなどの症状があるときは耳鼻科がよいでしょう。

逆に内科では全身の状態を診てくれます。
肺の音をきくための聴診器を使うのも内科の特徴です。
嘔吐・下痢、長引くせきなどの症状があるときは、内科の受診をおすすめします。

みみはなのどブログear, norse, throat blog

Read More